仮想通貨を自分で保管するならハードウォレット! 

tokenNEWS

みなさんは手に入れた仮想通貨はどの様に保管していますか?
取引所や販売所のウォレットに保管している人が大部分だと思いますが、取引所・販売所はオンラインで管理しているので、ハッキングされて流出なんて事があたら目もあてられません。

そもそもウォレットって何なの?

ウォレットというのは文字通り「お財布」なのですが、いくつか種類があり、どれを選ぶかによってセキュリティの強さに差があります。

ホットウォレット

ホットウォレットは、常時オンラインに保管されているウォレットです。
手軽に入出金、送金が可能なのですが、常にオンライン上で管理されている為、ハッキングに対するリスクが高いウォレットです。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、実際の紙に印刷をするタイプです。
オンラインとは完全に切り離した物理的な保管になるので、ハッキングによる流出の心配は無い物の、ペーパーウォレット自体を完全に紛失したり、破棄した場合は復元が不可能であること、オンライン上での流出リスクは無い物の、実際の窃盗等には無防備というデメリットが存在します。

ハードウォレット(ハードウェアウォレット)

ハードウォレットは専用の端末を利用してオフラインで仮想通貨を保管する事が出来るツールです。

ペーパーウォレットと同じくオンラインと切り離した環境で物理的に保管する事になるので、ペーパーウォレットと同じくらい優れたセキュリティを誇ります。

取引所のウォレットは何なるのか?

そうなると気になるのは。一般のユーザーが一番利用しているであろう、取引所のウォレットが何になるのか?という点です。

取引所に預けているコインは、オンライン上で管理されている為、ホットウォレットと同様です。

ホットウォレットの場合、常時オンライン接続されている状態の為、ハッキングや仮想通貨流出のリスクが存在します。
大体の取引所は2段階認証を推奨しているケースが多いので、自身が保管している仮想通貨を守る為にも絶対に設定しましょう。

安全の為にはどうすればいいの?

ウォレットは数あれど、どのウォレットを使えばいいのかはユーザーによって変わってくるところがあります。

そんな中敢えて選ぶとすればハードウォレットです。
ペーパーウォレットはあくまでも紙であるため、間違えて破棄してしまう事、また濡れて滲んでしまい、使えなくなる可能性があります。

取引所はあくまでも取引所なので、そこにいつまでも保管しておくことはリスクを感じます。

購入した仮想通貨を安全に管理する為にも初期コストが多少高くついてもハードウォレットにすると良いでしょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …