仮想通貨のサークルがドル連動コインの設計で約121億円の調達!

tokenNEWS

ゴールドマンサックス等が出資する仮想通貨を手掛ける新興企業のサークルは、中国の仮想通貨マイニング大手ビットメイン・テクノロジーズを中心とした投資ラウンドで、1億1000万ドル(約121億円)の資金を調達したと明らかにしました。

 

サークルはアメリカドルとの価格が連動する新しい仮想通貨「サークルUSDコイン(USDC)」の設計計画を明らかにしており、2018年夏から開発に取り掛かるとしています。

ビットコイン等の仮想通貨は、極端なボラティリティが理由で決済手段としてはなかなか定着しない状況ですが、ブロックチェーン技術には様々な事業に応用する事が可能という事で、様々な企業が魅力に感じている事もあり、取引を迅速に、且つ安価にする事が期待されています。

 

サークルの狙いは、安定した従来の法定通貨の価格と連動する仮想通貨であれば、ブロックチェーンシステムの採用を促進できると判断しています。

ジェレミー・アレール最高経営責任者(CEO)はメディアイベントで「ボラティリティがこれほど高いと、ビットコインの様な仮想通貨を利用するのは難しく、USDCであれば利用の可能性が高まる」としています。
サークルUSDCはサークルが発行し、同社の子会社の「センター」が運営するネットワーク上で取引されます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
南アフリカ警察が、投資家2万8千人に被害を与えた仮想通貨ポンジ・スキーム疑惑を捜査!

南アフリカ警察が、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡しているという声明を発表し話題になっています。 …

tokenNEWS
EOSメインネット移行目前!ユーザーの過半数が未登録状態。EOSトークンのスワップ方法を纏めてみた

EOSは6月初頭に1年間行っていたICOを終了し、メインネットに移行します。   メインネ …

tokenNEWS
中国の深セン市とテンセントが提携してブロックチェーンを利用した脱税対策へ!

深セン市国家税務局は、ブロックチェーンを利用した脱税対策と税務管理の効率化の為にテンセントと提携、智 …