仮想通貨「Waves(ウェーブス)」って何?

tokenNEWS

WavesはScalaというプログラム言語で開発されたブロックチェーンを持つ、分散型金融取引プラットフォームです。

Rippleゲートウェイの様に、法定通貨とのトレードや送金を念頭に開発されているので、取引所すらも排除して、ユーザー同士で直接仮想通貨や法定通貨との取引を可能にしています。

現状は未実装ですが、今後次の機能も実装予定との事です。

・スマートコントラクト
・メッセージ機能
・クラウドストレージ機能
・投票機能
・匿名送金機能

Wavesプラットフォームの特徴は?

Wavesプラットフォーム上ではWavesをドルの様な法定通貨との交換ができると同時に、Wavesを間に挟む事で円→ドルにも可能です。

Rippleも同じように法定通貨同士のやり取りの仲介ができますが、原則銀行にて行われますが、Wavesの場合は全ての取引がプラットフォーム上で行われます。
この差は非常に大きく、取引手数料は0.001Wavesと非常に安く、取引速度も1000取引/秒と非常に速いです。

Lease Proof of Stakes(LPoS)による取引承認

WavesはLPoSというアルゴリズムを採用しています。
Lease(リース)という単語が入っている通り、ノードをリースする事でとりひきの承認が可能になり、承認報酬を受け取る事が出来ます。

1Wavesからリースが可能で、リースするWaves額に応じて報酬を受け取れます。

独自のトークンが発行できる

Wavesを使う事で誰でも独自のトークンを発行して配布が出来ます。

プラットフォームは分散化され、ブロックチェーンに記録されるので、後でチェックも可能です。

e-sports用の仮想通貨で有名なMobileGoはWavesのプラットフォームで発行されたトークンとして有名です。

Wavesの将来性は?

Wavesは個人間に特化したプラットフォームです。
同じ様なサービスを行っているRippleは銀行を介したサービスに比重を置いているので、完全に個人間で済むWavesにはかなり期待しています。

ロードマップで予定されているブロックチェーンメッセージICOの法的枠組みの整理が実現したら、Wavesの価値はかなり上がっていくと予想できます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ウルグアイ「南米のクリプトバレーを目指す!」

ウルグアイのフィンテック評議会が、仮想通貨の規制枠組みを整備する為の特別委員会の立ち上げを発表しまし …

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …