中国人民銀行が独自の仮想通貨を発行? 国内の仮想通貨の利用を禁止

tokenNEWS

中国は今年の9月に、仮想通貨の使用・取引を禁止すると発表をしましたが、中国の中央銀行である「中国人民銀行」が独自の仮想通貨の開発・研究を行っています。

中国人民銀行の仮想通貨研究所所長ヤオ・シェン氏は北京フォーラムにて「国家独自の仮想通貨がデジタル経済の発展には何よりも必要です。研究と発行をするには研究・開発を急ピッチで進める必要があります」と述べています。

中国独自の仮想通貨がどの様な物なのかは現段階ではハッキリしていませんが、確定している点としては、これまで誕生した仮想通貨とは違い、中国独自の仮想通貨は、政府機関が発行・管理をして追跡が可能になっているという点で、これに関してヤオ氏は「仮想通貨の追跡は簡単であり状況に応じて金融政策を改善することができます」と述べています。

今回の中国人民銀行の対応は、ロシアの仮想通貨への対応と共通している部分があります。

ロシア政府はビットコインやその他の仮想通貨での取引を停止、仮想通貨取引所の閉鎖も行い、国家独自の政府公認仮想通貨「クリプトルーブル」を開発するように促しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ブロックチェーンのスタートアップ企業「ハイパーチェーン(趣链科技)」のユニコーン入りは確実

杭州といえば、ブロックチェーン関連企業の起業が盛んな地域です。 その中でも一際注目を集めるているのが …

tokenNEWS
七夕に仮想通貨イベント「ホリエモン仮想通貨祭り」開催!

実業家の堀江貴文氏が、仮想通貨取引のプロやブロックチェーン技術の有識者等を招いて議論をする「ホリエモ …

tokenNEWS
米VISAが欧州のフィンテックの迅速な参加手続が可能に!

クレジットカード大手のVISAが、欧州のフィンテック企業が自社のネットワークへの参加手続きを迅速に行 …