モナコンがbitFlyerの各海外取引所への上場はいつなのか?重大発表で爆上げは?それともガセネタ?

tokenNEWS

今日お話しするのはモナコイン海外上場に関してです。

 

モナコインがアメリカ・ヨーロッパの各取引所「bitFlyerUSA」「bitFlyerEU」に上場するかも!?なんて噂があるのは知ってると思います。

 

噂が流れたキッカケは、bitFlyerが2017年8月29日に「2017年秋にアメリカ事業進出を表明した」辺りからで、アメリカのサンフランシスコみたいですね。

上場・取り扱いする取引所が増えるのは大きな好材料で、価格高騰の要因になります。

 

しかも日本発のコインが!海外に知れ渡るって結構すごいことで、知名度と並行して価格もどんどん上がっていく期待が持てます。

しかし、上場の真相はまだわからない状況です。

 

モナコインがビットフライヤーアメリカ(USA) 重大発表は日本時間で何時?
まだ不透明な噂ではあるけども、なんと今日11/28(火)という噂

「bitFlyerの社長が11/28に重大発表をする」

ということ。

 

ザックリ翻訳すると

「今週の火曜日、ニューヨークのコンセンサス・インベストメントに大きな発表があります」

と書かれているわけですね、火曜日というか今日です。

bitFyerのコンセンサスがアメリカタイムで午後11:00頃との事で、時差は日本が14時間進んでることになるから下記の通り。

 

重大発表の時間
・bitflyerのコンセンサスが11時頃
・日本時間で29日 午前3時頃

 

でも、上場に関してはソースがないからあくまでも噂の域を出ない感じで大きな発表も内容がはっきりしてないので、ガセネタという可能性も十分あります。

 

一番怖いのは「噂で買われて、事実で売られる」事なので、噂止まりの場合は急落も視野に入れないといけないわけですが、もし本当だったら年内は更にモナコイン盛り上がるので、期待半分といったところです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …