モナコインが急騰!上昇理由・高騰はなぜ起こった?理由を考えてみます。

tokenNEWS

2ちゃんねるを利用する人にはお馴染みの「モナー」というキャラがいますが、このモナーが仮想通貨になってるのはみんな知っていますか?

「モナコイン」という仮想通貨です。

 

モナコインが誕生したのは2014年と意外と昔、と言っても3年前ですが、3年前も昔っていうのか?最近は時間の流れが速すぎて昔なのか最近なのかすらわからなくなっています。

モナコインの最大の特徴は、何と言っても「手軽」という部分に集約されます。

 

ヒント
・銀行振込等は使わない送金手段
・口座番号を複数作成可能
・口座開設に個人情報不要
・メールアドレスでさえも不要

 

みんな誰しも、サイトを利用して何か買う時に、IDやパスワードを忘れて登録メールアドレスを入力してパスワードの再設定とかをした経験あると思います。通販だけ見てもアマゾンから楽天、通販とは違うけどヤフオクやらメルカリやら沢山あるので、忘れてしまう事もあると思います。

ツイートするとbotからリプライが来てチャージ用アドレスを教えて貰えるのでわざわざ画面を切り替える必要が無いくらい手軽です。手軽というかダメ人間養成機です。

 

モナコイン 上昇理由・高騰理由!なぜ上がった!相場・チャート!
そんなモナコインがここ数日で高騰していて、驚いた人も多いのではないですか?

なんでいきなり高騰したのか?

 

モナコイン高騰理由は
1:10/2日 bitFlyer上場
2:10月25 秋葉原ジャックイベント
3:韓国取引所「UPBIT」上場予定

 

100円から200円へ向けての急騰は理由を模索中。きっと何か面白い発表があったのだと思っていますが、現在はちょっと見当たらないですね。もしかしたらオフの方のイベントかもしれません。

 

ただ書いた通りモナコインの特徴を踏まえると実需で上がったと考えるべきではあると思います。

 

モナコイン 今後2017年以降の将来性
モナコインは1000種類以上あると言われている仮想通貨の中でも100位圏内に入っているほど注目度の高い銘柄です。

・・・の割に知らない人も結構いたりするのですが。

 

10月2日のbitFlyer上場と言えども10月12日中に300円に届きそうな勢いですが、bitFlyerで取り扱いのある時価総額が高い通貨で100%超えって多分ないと思います。

今後投資をするとしてコインの特徴から考えた場合、次の2点が好材料となっていると思います。。

 

ヒント
・実需で上がる
・投機マネーよりも安心

 

何せXRPを支持して投資してる訓練されたリップラーなので、将来的な事を考えるならXRPやモナコインなど実需が物を言う銘柄が勝つと思います。

上がる理屈がしっかりしてる為です。

 

なので、今以上に時価総額が上がればまだ取り扱いのない取引所でも取り扱いが増える見込みもあり、100円→300円の急騰から考えて、それによって将来的に1000円いくのも時間の問題とまでは言わなくても十分あり得ると考えています。

 

上場してから10日で3倍は熱すぎですからね。

 

モナコイン 取り扱い取引所はどこ?買い方・購入方法
買い方は各取引所で購入すればいいけど今のところ下記の取引所で購入できます。

取引所一覧
・Zaif
・bitFlyer
・フィスコ仮想通貨取引所
・ビットバンク
・Bittrex
・Alcurex
・Livecoin
・Bleutrade

初めて仮想通貨を始める人はCMでも放映されてる知名度も大事だと思います。

 

日本語の方が安心でわかり易いのでbitFlyerに登録する人が多いとは思います。

金融庁からの認可が出ている取引所なので、安心感も違います。

「大手企業からの出資も受けている=信頼されている証拠」という最大のアドバンテージもあります。

 

bitFlyerは日本で人気がある銘柄(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン)も中心に取り扱っているのでモナコインのお供には最適と言えます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …