ビットフライヤーが欧州で事業を拡大! システム障害は完全に復旧

tokenNEWS

ビットフライヤーは23日、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもとでPayment Institution License を取得し、子会社であるbitFlyer EUROPEを通じてEUで仮想通貨交換事業を開始したと発表しました。

同社は昨年11月からはアメリカにて仮想通貨交換事業を展開しています。

一方、今週前半から続いたシステム障害は、25日16時頃完全に復旧した発表し、一部サービスの不具合はデータベースの処理能力が低下した事によるもので、サーバー構成に関する改善とサーバー処理の効率化を実施したとの事です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …