パリティーウォレットのイーサリアム凍結は約190億円

tokenNEWS

This week, as has been widely reported, a vulnerability in the Parity Wallet library contract of the standard multi-sig contract was found by an anonymous user. This user managed to gain access to the smart contract, effectively making themselves the owner of the contract. Subsequently, the user made the unfortunate move to “suicide” the smart contract underlying the multi-sig wallet which in turn blocked funds of of 587 wallets with a total amount of 513,774.16 Ether. While the funds remain in the affected wallets, the wallets themselves are inaccessible.

Jutta Steiner, Founder of Parity Technologies says, “We deeply regret the impact this situation is causing among our users and within the community. We do ask that people get in touch with us if they have any uncertainties and to not believe the speculation circulating the media. We are endeavouring to find a solution as soon as possible and we would like to thank everyone for the support we’ve experienced so far.”

*原文はこちら

パリティーテクノロジーズによると、開発した「マルチシグウォレット」にハッキングの痕跡がみつかり、多額のイーサリアムが凍結しているとブログで発表がありました。

同社ブログでは、11月13日までに587個のウォレットの中身が動かせなくなっており、凍結額は51万3774ETH(約190億円)で、現在のところ資金はウォレットに残っているとのことです。

根本的な対策としては、ユーザー間ではハードフォークが起こるのではないか?という憶測がひろがっています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …