テックビューロが新生銀行とオウケイウェイブから8,750万円の資金を調達

ICOソリューション「COMSA」や仮想通貨取引所「Zaif」、ブロックチェーン製品「mijin」を提供しているテックビューロ株式会社は、株式会社新生銀行と株式会社オウケイウェイブを引受先とする、8,750万円の資金調達を行ったと発表しました。

内訳は、新生銀行が5,250万円、オウケイウェイブが3,500万円で、これによって、累積資金調達額は25.2億円になりました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …