スイスのDarico(ダリコ)が7200万ドルの資金調達を計画

tokenNEWS

スイスが拠点のDarico(ダリコ)の創業者でCEOを務めるMojtaba Asadian氏ががICOで7200万ドルの調達を計画していると語りました。

2016年設立のDaricoは、仮想通貨に関するニュースや取引、更にウォレットを含めたワンストップサービスの提供を目指した「Darico Ecosystem」というプロジェクトを開発、使用されるトークンを「Darico Ecosystem Coin」としています。

Asadian氏は、「調達した資金は、プラットフォームの技術開発や宣伝などに充てる。今年1月30日に開始したクラウドセールは7月30日の終了を予定している」としています。

トークンの購入には、ビットコインやイーサリアムが使用可能です。

Daricoのウォレットサービスは今四半期中、つまり間もなく発売されますが、暗号化エクスチェンジは2019年の第2四半期から開始を予定しており、ロードマップによるとウォレットサービスの開始は早ければ今月内で、取引所の開設は来期第2四半期を計画しています。

Darico Ecosystem Coinは、開発中の仮想通貨の取引所にて新規上場を計画しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ウルグアイ「南米のクリプトバレーを目指す!」

ウルグアイのフィンテック評議会が、仮想通貨の規制枠組みを整備する為の特別委員会の立ち上げを発表しまし …

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …