コイン相場というアプリが便利過ぎたので、運営会社COINJINJA毎まとめてみた

tokenNEWS

コイン相場って何?


コイン相場は、株式会社COINJINJAが開発・運営している仮想通貨の情報アプリです。

2017年12月に公開されると、公開後3週間で8万ダウンロードを達成した人気アプリで、iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

・コイン相場の機能
1:各通貨の価格
2:仮想通貨の最新ニュース
3:資金の流れの可視化
4:ICOに関する最新情報
5:API連携しての資産残高の可視化と注文機能
6:ウィジェット表示

アプリ名こそ「コイン相場」ですが、実際は価格を表示する機能だけではなく、仮想通貨を知る為のニュースであったり、トレーダーの為のアプリという印象ですね。

・会社概要
社名 株式会社COINJINJA
設立 2017年11月
代表名 徐 楽楽
所在地 埼玉県越谷市赤山本町 4-1 ヨネビル5F

コイン相場の機能

各通貨毎のチャートを表示


各通貨のチャートを見る事ができ、取引所を選択すると、取引所の取り扱い通貨を一覧で見る事も可能です。

仮想通貨のニュース


ニュースはアプリから最新の物を見る事が出来るわけですが、コイン相場のすごいところは以下のサイトからクローリングしていることで、わざわざサイトに行かなくてもニュースをチェックできるところにあります。

・コイン相場クローリングリスト
コインテレグラフ
ビットコインラボ
Coin Choice
Coin Post
Coin News
BITDAYS
BTCN
日経ニュース
産経ニュース

大体の出来事はアプリ内で確認可能です。

資金の流れの可視化


売り注文と買い注文の量を並べて、資金の流れを見る事が出来るので、売買の判断に活かせます。

ICOに関する情報

ICOに関する最新情報も一覧で見る事がかのうで、開始日と公開日も一目で分かる表示になっているので、とても優秀です。

API連携しての資産残高の可視化と注文が可能


API連携をしているので、取引所にログインしなくても注文が可能です。

API連携しているのは次の取引所です。

・Binance
・Coincheck
・BitFlyer
・Zaif
・DMM Bitcoin
・GMOコイン
・bitbank
・KuCoin
・Bitfinex
・BigONE
・Gdax
・Bitstamp
・Kraken
・Quoine
・Poloniex
・Bitsquare
・Bittrex
・Bithumb
・Huobi
・OKEx

コイン相場ってどうなの?

コイン相場の機能についての説明をしましたが、いかがでしたか?

大体の事がコイン相場で完結するのでとても便利なアプリだと思います。

株式会社COINJINJAの社長インタビューでは以下の様なコメントをしています。

COIN JINJAって何を目指しているの?

プロダクトとしては、仮想通貨の入り口として、世界で1番使いやすいウェブサイト・アプリを目指したいよね。
使いやすさの中身は、結局変わっていくことが多いと思うから、ユーザーが必要とするものを、最高最速で提供する方が大事だと思っている。

基本、開発力とユーザービリティの高さで勝負していくスタイルだから、それ自体は今後も変わらないかな。

コイン相場をスマホに入れておくことで今後の取引でもとても楽になるなると思います。

名前に反して相場だけではなく、ニュースやICO情報等、情報をアプリ一つで完結できるのは文字通り画期的だと思います。

是非使ってみてください。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …