ゲーマーと開発者の為の仮想通貨「Gamecredits」とは?

tokenNEWS

Gamecreditsとはゲーマーと開発者をつなぐプラットフォームです。

プラットフォーム内で使える通貨はGAMEといって、ストアのゲームを買って遊ぶことが出来ます

スマホゲームもPS4のゲームも同じGAMEで購入が出来ます。
購入する側は使用する通貨が変わるだけですが、開発側は持って行かれる手数料が安い事にあります。

例えばGooglePlayやAppStoreでゲームを販売すると、課金額の30%の手数料を持って行かれますが、Gamecreditsでは10%の手数料で販売できます。

Gamecreditsが8月10日のブロックチェーンカンファレンスに出席

大まかに3つの発表がありました。

GNATIONを発表

開発者とゲーマーを繋ぐプラットフォームとしてGNATIONを発表しました。

GAME.GGというe-sports用プラットフォームの発表

e-sportsというのは、平たく言うと賞金付のゲームの大会です。

日本では全く話題にはなりませんが、有名なところでストリートファイターシリーズ、リーグオブレジェンド、FPSというシューティングゲーム等様々なジャンルがあります。
海外では抱き規模な大会が頻繁に開催されていて、有名プレイヤーはスター(日本で言えば野球のイチローとか)扱いです。

オリンピック種目になるのでは?という話もあり今後目が離せないコンテンツの一つです。

モバイルゲームストアGStoreでインド向け決済の整備

インドはゲーム市場が意外と大きく、インドでのオフィス開設と、インド人向けの決済の導入をしました。

GameDredits概要

  発行日  2015年6月
 トークン名称  GAME
 トークン発行量  8400万GAME
 ブロックチェーン ビットコイン
 創業者 GameCredits Inc.
 公式サイト Gamecredits公式サイト


めちゃくちゃいい笑顔してますね

Gamecreditsはどうなる?

わたしはゲームが好きな人間なので、このGamecreditsにはとても期待しています。勿論個人的に。

日本ではニンテンドーストアやPSstore等が有名で、それらに慣れていると使えたものではないのは事実ですが、e-sportsというこれから間違いなく市場が広がる分野においてどれだけ知名度を広げられるかがカギだと思っています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …