オタクコインとモナコインの違いは?特徴と使い道、上場はいつになる?

tokenNEWS

昨日はGACKTが仮想通貨事業に乗り出すことで世間が大騒ぎでした。

GACKTと言えばミステリアスなイメージの人も多いけど、年齢は数年前に公表し、本名も公表したので、ミステリアスから掛け離れつつありますが、冷静に考えるともう堂本兄弟とかうたばんに出てる頃から芸人よりも面白い人でしたね。

 

そんな大城ガクトさんが発行する「SPINDLE」の裏側で、Twitterのトレンドワードにランクインしていたもう1つの仮想通貨が「オタクコイン」です。

 

チェックポイント
・日本のオタク文化を海外に発信
・Tokyo Otaku Modeが発表
・2018年春ごろICOを目標
・真木太郎氏がアドバイザー
※「この世界の片隅に」プロデューサー

 

ICOは目標時期を掲げていますが、実施を約束するものではないのでそこに関しては、あくまでも努力目標という認識で良いと思います。

 

でも、これは日本のサブカルを刺激して色々と面白い変革をもたらしそうなので早めのICOを観たい気もします。

 

オタクコイン 使い道
コインの詳細はまだ詳細が明らかになっていませんが、以下のような感じに出来たら…という検討段階になっています。。

 

メモ
・アニメグッズの購入
・イベントの参加費用
・アニメ製作プロジェクトに投じて支援

 

そういえばドラえもんの歌詞に「あんなこといいな、できたらいいな」というフレーズがありますが、正にそれですね。

 

OTAKUプロジェクト
・有名な漫画家にコインのデザイン依頼
・音楽家に決済音やテーマ曲を作製依頼

 

など、オタクコイン独自の楽しさも構想段階にあるみたいです。

オタク向けのコインといえばモナコインがありますが、どう違うのでしょうか?

 

オタクコインとモナコインの違い・比較
オタクコイン?と聞いてモナコインでいいじゃん。何が違うの?ってツッコミが多かったねw

ここで、モナコインの特徴などをおさらいしておきましょう。

 

モナコイン
・お礼にチップを送れる
・コミケなどで決済可能(一部)
・秋葉原の一部の店舗で決済可能
・コミュニティーが充実
・プロモーションが実費
・モナカフェのプロジェクトも

 

続いてオタクコイン(‘ω’)ノ

 

オタクコイン
・好きなアニメ作品への支援
・アニメ、ゲームイベントで決済可能
・コミケなどで決済可能(一部)
・アニメ・ゲームクリエイターへの支援

 

共通してるのはイベント(コミケなど)で決済できることのみです。当然プロジェクトが進むに連れて出来る事が増えて、それが被る事は十分あるでしょうが、現状はイベント用の決済しか被っていないので、ほとんど別物と言えるかと思います。

その中でオタクコインがより一層、アニメやゲームなどにより特化してるな、という印象があります。

 

今日から冬のコミケが始まったけど、実際にモナコインで決済できるブースは多数あるようです。

 

コミケに行った事がある人ならわかると思いますが、コミケでは買う側も売る側も小銭をたくさん用意して臨むのが常識なんです。

おつりが十分に用意できない可能性を考慮しての、ですね。

 

でも仮想通貨決済なら、財布に小銭を用意する必要もなく、30秒~1分もあれば支払が終わります。

 

オタクコイン 買い方・購入方法・ICO参加方法
ICOを予定しているのが2018年春ということで、買い方などはまだ明らかになっていません。

購入方法
・買い方不明
・アニメ作品を見る事で入手可能
・レビューを書いて入手可能

 

でもICOの参加方法はおそらく慣例となっているビットコインで、ビットコインを保有していないと購入できない可能性が高いです。

 

ビットコインを買うならコインチェックやbitflyerなどの仮想通貨取引所に登録する必要があるので、まだ登録していない人やこれから参加しようと思っている人はいずれかに登録しておくと良いですね。

 

オタクコイン 上場時期はいつ?

ICOが予定通りに春(4月くらい?)に始まったとしたら

順調に進んだら上場は2018年夏~秋くらいになるというのが第一候補でしょうか? まずはICOのスケジュール次第ですね。。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
ソフトバンク 孫正義会長「ブロックチェーンや仮想通貨は準備、開始している」

ソフトバンクの孫正義会長が仮想通貨やブロックチェーンについて「グループの会社が続々と準備し、開始して …

tokenNEWS
AmazonがCENNZと提携を発表で爆上げ!

Amazonがどこと組むのか? というのは以前から度々話題になっていましたが、BTCやETH等の候補 …

tokenNEWS
ナスダックCEOがICOに関して否定的な発言

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがICOに対して否定的な意見をしました。 アメリカの主要な株式 …