アルトコインのレバレッジ取引が可能? DMM Bitcoinのメリット・デメリットは?

tokenNEWS

日本では10以上の仮想通貨取引所があり、それぞれに特徴が存在します。

今回の記事ではローラでお馴染みのDMM.Bitcoinの紹介をさせていただきます!

DMM Bitcoinって?


DMM Bitcoinは、株式会社DMM Bitcoinが運営している仮想通貨取引所です。

元々は東京ビットコイン取引所という名前でしたが、2017年12月に株式会社DMM Bitcoinに社名を変更して現在に至ります。

アダルト商品から英語学習、ブラウザゲームに加えてレンタル事業まで、幅広くビジネス展開をしているDMM.comのグループ会社で、潤沢な資金を持ち、テレビでCMを行っているのでDMMを利用した事が無くても名前を知っている人はいると思います。

DMM Bitcoinは、金融庁から正式に仮想通貨交換事業者として登録されています

会社概要

社名 株式会社DMM Bitcoin
設立 2016年11月
代表名 田口 仁
所在地 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
資本金 12億9000万円
事業内容 仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)

取扱通貨

現在の取り扱い通貨は7種類で、このうち現物取引が可能なのはBitcoinとEthereumだけで、NEMやRippleといった通貨はレバレッジ取引でしか購入はできません。

DMM Bitcoinのメリットって何?

手数料が無料


DMM Bitcoinは、取引手数料は全て無料になっていて、入出金手数料も無料です。

アルトコインのレバレッジ取引が可能

レバレッジ取引をする事で、自分の資産の何倍もの金額の取引が可能で、これはFXではよく行われていますが、仮想通貨でも同じようにレバレッジ取引をする事ができます。

但し、日本の仮想通貨取引はビットコインでのみレバレッジ取引が可能ですが、DMMではアルトコインを含めた全7種類の通貨で最大5倍のレバレッジ取引が可能です。

レバレッジ取引の選択肢が多いという事は、それだけチャンスも与えられているという事なので、いざという時の勝負ができます。

 

スマホアプリが使いやすい


パソコンと同じ様にスマホ画面でも問題なくスムーズに動作し、取引できます。

パソコンを持たないスマホユーザー向けにデザインされており、外出先でも簡単に取引が可能です。

アプリはiPhoneもAndroidも提供されています。

 

セキュリティレベルが高い


DMM Bitcoinは以下の4点のセキュリティ基準を設けて顧客資産を管理・保護しています。

1:コールドウォレットで保管・管理してハッキングを防止
2:2段階認証
3:顧客資産と会社資産を分別管理
4:SSL暗号化通信

 

DMM Bitcoinのデメリットは何?

現物取引できる通貨の種類が少ない

DMM Bitcoinは現物取引が可能通貨はBitcoinとEthereumだけで、NEMやRippleと言った人気のアルトコインはレバレッジ取引でしか購入は出来ません。

なので、BTCやETH以外の通貨をガチホしたいのであれば他の仮想通貨取引所を使った方が良いと言えます。

一攫千金が好きな方、取引に慣れている方であればレバレッジ取引によるチャンスともいえるので、自分の実力や経験と相談する事が重要です。

 

クレジットカード入金が出来ない

大手取引所、例えばZaifやbitFlyer、Coincheckはクレジットカード入金に対応しています。

クレジットカードで入金する場合8%程の手数料を取られますが、いざという時に手短に入金が出来ないというのはデメリットの可能性もあります。

 

スプレッドが大きく利益を出す事が難しい

DMM Biitcoinはスプレッドが大きいので、利益を出す事は難しいと思います。

スプレッドとは買った時と売った時の値段の差額で、取引所の利益になる部分で、ユーザーにとっては手数料に当たり、スプレッドが大きかれば大きい程利益を出す事が難しくなります

使った時点のスプレッドは次の通りです。
Bitcoin(BTC) : 0.6%
Bitcoin Cash(BCH) : 5.0%
Ethereum(ETH) : 4.5%
Ethereum Classic(ETC) : 5.3%
NEM(XEM) : 15.5%
Ripple(XRP) : 11.4%
Litecoin(LTC) : 6.8%

特別高いのはNEMですね。
15%ものスプレッドです。現物投資しかしたことが無い人にとってはDMM Bitcoinはハードルが高い気がします。

 

DMm Bitcoinの口座開設方法


1:メールアドレスを登録
2:基本情報の入力、本人確認書類を提出
3:郵便に記載されている認証コードを入力する

案内に従って入力するだけで完結するので、特に迷うところはないと思います。

 

DMM Bitcoinのまとめ

DMM Bitcoinのデメリットは次の通りです。
・メリット
1:手数料が無料
2:アルトコインのレバレッジ取引が可能
3:スマホアプリが使いやすい
4:セキュリティレベルが高い

・デメリット
1:現物取引可能な通貨が少ない
2:クレジットカード入金が不可能
3:スプレッドが大きくて利益を出す事が難しい

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tokenNEWS
2018年7月21日21時からG20会議が開催!仮想通貨の議題とは?

本日21時からG20会議が開催、開催されるというか「また」開催されます。 今回の会議では議題に仮想通 …

tokenNEWS
ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングマシンの輸入を停止!

2018年6月7日のこちらの記事にて、ベトナムに於けるマイニング機器の輸入提言が出された事は比較的記 …

tokenNEWS
GMOが最新技術を盛り込んだネット銀行の運営を始める

日本だとあまり盛り上がっていないジャンルと言えばIoT、人工知能(AI)さらにブロックチェーンや仮想 …