アメリカの法律事務所がリップル社とXRPの関係の調査を開始!

仮想通貨ニュース

リップルは現在証券関連の訴訟の真っただ中にありますが、アメリカのローゼン法律事務所が、XRPトークンの売買について、Ripple社が連邦証券法を違反しているとしてリップル社とXRpの関係について調査に乗り出した事をプレスリリースにて発表しました。

 

5月3日に、リップル社が無登録の状態でXRPトークンを売り出した事がアメリカの州と連邦証券法に違反しているとして、カリフォルニア州に拠点を置くテイラー・コープランド法律事務所がリップルに対して訴訟を起こし、更に一般投資家であるDavid Oconer氏からも未登録の証券を不当に販売しているとして訴訟を起こしています。

 

今回訴訟を起こすローゼン法律事務所とは?

気になるのは今回訴訟を起こすローゼン法律事務所がどれほどの規模の事務所なのか?という点ですが、ISS Securities Class Action Servicesの調査で、2017年に提起された証券集団訴訟和解件数で一位に輝いた実績のある法律事務所です。

現在集団訴訟へ参加できるように専用のページを作り、購入者に参加を呼びかけ、着々と集団訴訟の準備をしています。

ともすると、今回実績のある法律事務所が参戦してきたことで、Rippleに対する訴訟も結果がどうであれ一度落ち着くので犯?という見方があります。

 

おすすめ取引所:Binance

Binance:https://www.binance.com/

  • 手数料は0.005~0.1%!
  • 取扱銘柄も世界最多水準!
  • 全フォークコインの配布を宣言!

圧倒的な種類の銘柄と、安価な手数料。 国内取引所で購入出来ない通貨もBinance(バイナンス)でなら購入可能!

管理人も日本の取引所が軒並み酷い事になっているので、バイナンスをとても重宝していますよ!

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮想通貨ニュース
イーサリアムがビットコイン以上の下げ幅?原因は何?

価格が下落すると話題になるのは常にビットコインです。 ニュースを見ても「ビットコイン一時〇〇ドル」と …

仮想通貨ニュース
仮想通貨の「疑わしい取引」は月1500件以上!

仮想通貨の認知度が上がって以降、仮想通貨に関するトラブルも後を絶たなくなりましたが、アメリカ金融犯罪 …

仮想通貨ニュース
経済危機のトルコでビットコイン取引が急増中!「リラより安全」

トルコとアメリカの関係が悪化した事に伴いリラが暴落したのはつい先日の事なので覚えている人も多いかと思 …