今度はルーターを悪用した不正マイニング? 悪質なマルウェアが拡散中!

事件

次から次へと新しい不正マイニングの手口が出てきますが、今度はインターネットの回線に利用するルーターを悪用したマルウェアの被害が拡大中です。

 

Trustwaveという調査会社によると、MicroTik社製のルーターをターゲットとしたマルウェアが拡散していて、現在までに20万台以上のデバイスへの感染があるとしています。

 

このマルウェアの特徴として、個人情報を盗み出す事がないという点があります。
とりあえずそこは良かった(?)ものの、プロセッサに過度の負担をかける為、かなりの発熱を引き起こします

 

そういった事からマルウェアに感染したルーターは速度が極端に低下して、動作不能になる事もあり得ます。

従来のスマホやPCをターゲットにしたマルウェアでも発熱する事は確認されており、ルーターは基本的に目立たないところに置くケースが多い事から、火災の原因になる事があります。

 

既にマルウェアへの感染を防ぐパッチは配布されている為、MicroTik社のルーターを利用している人は早めにパッチをインストールしておくと良いでしょう。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

事件
プリンスサプリメント VER白インゲン

ミスユニバースジャパン運営会社が監修、発売した月10000個限定プリンスサプリメント VER白インゲ …

事件
タイで26億円相当のビットコインが搾取!容疑者の男性は確保済み!

ここ最近爆発的に事件が増加している印象があるタイですが、2400万ドル相当の仮想通貨を搾取した容疑で …

事件
Mt.Gox(マウントゴックス)の債権者グループが口座へのBTC振込に方針変更

日本の仮想通貨流出事件で最大の事件と言えば2018年1月に起きたコインチェックによるNEMの流出事件 …